物事の禅問答

こんばんは😊



ローカルCMでのサンドウィッチマンの掛け合いが好きです



焼肉屋でのお客が伊達さん
店員が富澤さん

伊達:塩味とカレー味、どっちが美味しい?
富澤:不味くないほうが美味いです
伊達:どっちなんだよ?
富澤:美味しくない方が不味いです
伊達:じゃあ美味しい方持ってきて
富澤:どっちもです
伊達:禅問答か!



日頃の禅問答といえば、「筋の通らない話や、意味の分からないやり取り」の例えとして使われていますね
質問に対して見当違いな言葉を返すなど、会話の噛み合っていない様子を表しています
傍で聞いてて、思わずクスリと笑ってしまうこともありますね


物事の見方を変えることをテーマとした禅問答の例文をご紹介します

ネット情報より
【非風非幡(ひふうひばん)】は、「見方を変える」をテーマにした禅問答の例文です
このやりとりを簡単にまとめると以下のような流れです

風になびく旗を見ながら、2人の僧が「旗が動いているのか」「風が動いているのか」と言い争いをしています
そのとき通りかかったもう1人の僧侶は「旗でも風でもなく、あなたたちの心が動いているのだ」と言い放ちます

この禅問答からは、柔軟な思考の大切さが見受けられます
「相手の意見を聞かずに自分の意見を押し通しても何も得られない」「相手の意見を受け入れることで信頼を得られ、長期的に良い人間関係も得られる」という考えに基づいた公案です




ひとつのお題で10年も考える方も居ると書かれていました😳
禅問答、奥深いです



問題がたくさん載っています
興味のある方は検索してみて下さいね

多方向から見る。です😉








今日も読んでいただき
ありがとうございました🤗
?Gg[???ubN}[N??