適材適所と潜在能力

こんばんは😊



『適材適所』
その人の適性や能力に応じて、それにふさわしい地位・仕事に就かせることを表す四字熟語です


伝統的な日本家屋や寺社などの建築現場での木材の使い分けがその語源だそうです🌳


『適材適所』の「材」とは木材の材を意味するとのこと💡



この言葉が良く使われるのは、会社の組織ですね

マネージャーや人事担当者は限られた人員を効果的に配置して組織を活性化する必要がありますが、、

人の能力・特性などを正しく評価が出来ないと難しいです




〜ビジネスサイトより抜粋〜
組織全体のパフォーマンスを高めるためにはその人材に向いていない仕事を任せるよりも、能力を発揮しやすい役割を与えた方が効果的でしょう

適材適所とは人材に合う仕事を検討し、その仕事で潜在能力を発揮させるという考えなのです



苦手な事を努力して人並みにするよりも、得意な事を楽しみながら更に伸ばす方がパフォーマンスを上げることに繋がります



何かしっくり来ない、、
と、何年も過ごすことがあるかもですが、ご自分の潜在能力に気付けたら、また展開が変わるかもしれませんね🤗











今日も読んでいただき
ありがとうございました☺️
?Gg[???ubN}[N??