しおがまさま神々の月灯り

2015年10月8日付 ブログを 再アップしました


時を越えて 助けを呼ぶ声 






10月2日金曜日 

その日は つわりのような吐き気 おなかや胸がはったりと
まるで妊婦さんのよう

妊婦さんに関わる何かがあるのかな と
パワーハウスの方は感じておられました


しおがまさま


「始まる前に、早く」


どうしても行かなくてはならない衝動にかられ
パワーハウスの皆さんは出発しました






30分前に到着

駐車場から神社に移動途中


ん?   くさい  銀杏???


薄暗かったから見つけられなかったのか どこにも銀杏の木は見当たらない

ぎんなんも落ちてない・・・


「死臭」


イベント前だからなのか まだ灯りがついてない



「儀式が始まる前に 早く」



提灯が配られていたのですが 受け取る方と そうでない方

受け取った方は この儀式に喜んで関わっていた方だったようです





引かれるように ある場所で足が止まりました

時を越えて 儀式が行われていた場所のようです



妊娠した女性だけを集め 不老不死 の儀式として
 胎児を 子宮ごと もぎ取っていたようです



「早く ここから逃げてください
もう 怖い思いをしなくていいんですよ」



光を送ると 苦しい つらい思いをした女性たちが 
たくさん 癒されていきます


何度生まれ変わっても この出来事に関わった女性の魂たちは 
悲しい出来事を繰り返していたようです

間に合わなかったら それを幾度となく 繰り返してしまう。。。。。


もうその記憶は 魂に刻まれた記憶が 修正されました


この記憶があった魂は もう 幸せな妊娠をなさるでしょう





浄化が終わるのを待っていたかのように
端から順に 灯りが点されていきます




間に合った





すぐ 一組の夫婦が 浄化をしていたところでお参りを始めました。。。

誰もが 通り過ぎる中で その一組の夫婦だけが



この方々も この儀式の犠牲者でした



この夫婦も もうこのような悲しみは 二度と 繰り返さないようです

よかったですね









たくさんの方の幸せと
ここにいる存在の幸せを願いました





心地よい琴音とともに パワーハウスの皆さんも
癒されたようですよ